【白髪博士の白髪コラム】白髪の根本的な原因

白髪 原因

白髪のメカニズム

白髪の根本的なメカニズムはこれまでお伝えしてきたように、メラノサイトの機能低下により、本来黒く染まるはずだった髪が、黒く染まらずに生えてしまうことですが、黒く染まらない理由は様々な要因が複合的に絡み合って起こっています。
基本的には、メラノサイトへの栄養不足でメラニン色素がきちんと生成されないことが原因ですが、この栄養不足以外にも黒く染まらないと考えられる理由があります。
ここではそれらについてお伝えします。

加齢を理由とする白髪

人間の細胞は歳を重ねるごとに少なくなっていきます。それは頭皮細胞においても同様です。メラノサイトなど髪を生やすための細胞も加齢と共に数が少なくなり、機能低下が進みます。
一般的に若い方に比べて高齢の方に白髪が多いの理由がこれです。歳を取ると当然メラノサイトの機能も当然下がってしまいますので白髪は増えます。
つまり加齢を理由とする白髪は防ぐことは難しいです。しかし他の身体の機能と同様に健康を維持することでその進行を抑えることは可能です。
頭皮環境を清潔に保つこと、適度な睡眠とバランスの良い食生活を継続することで、加齢を理由とした白髪の進行を抑えることを目指しましょう。

遺伝を理由とする白髪

白髪の原因は細胞レベルで考えることが重要です。身体の根本的な機能に関する問題ですので、細胞の作りが似ているいわゆる遺伝による原因も考えられていますが、ここについてはまだ明確な原因は解明されていません。
しかし、身体の作りや病歴など遺伝を理由と考えられる事案は多くあります。両親のどちらかに白髪が多いとその子供も白髪になる確率は高いです。つまりメラノサイトの機能が低下しやすいという遺伝情報を受け継いでいる可能性が高いのです。
医学的な証明はされていませんが、白髪が遺伝しやすい可能性は高いです。
両親に白髪が多い方は、他の方以上に白髪に対する対策を若いうちから実践することで白髪の予防につなげることができるでしょう。

病気や薬の副作用など外的要因を理由とする白髪

白髪は通常の生活習慣だけではなく、病気やそれを治療するための薬による副作用でも発生する可能性があります。
白髪の根本的な理由である、メラニン色素が生成できなくなる病気や、副作用でメラニン色素の生成が少なくなることが原因です。
これらについては通常の白髪とは異なり、メラニン色素が生成できなくなる根本的な理由である病気の根治が白髪の改善につながります。

白髪の根本的な原因のまとめ

このように白髪の原因は生活習慣などの日常生活における問題だけではなく、様々理由によって起こるものなのです。
しかし、白髪を改善するための一番の対策はやはり生活習慣の改善によって健康な頭皮環境を育てることです。
白髪の様々な原因を理解した上で、白髪対策を考えることで白髪の改善に取り組んでください。

\\セレビィブラックの公式サイトはこちら//